専業主婦でも銀行ならば夫の許可なく融資を受けられる

キャッシングを利用するにあたって、その事を配偶者には言わないでおこうと決めている人もいる事でしょう。消費者金融等でキャッシングを利用する人の多くは、あまり周囲の人にその事実を言いたがらないのも現実です。

 

ですから申し込みをする時に心配する部分でも多いのが、郵便物についてです。怪しい会社ならともかくとし、大手消費者金融各社は法律に従って健全に運営されている会社ですから、契約もきちんとしたものでなければなりません。

 

キャッシング利用の郵便物に要注意

申し込みをどのような方法で行うのかによって、郵便物はあったりなかったりします。特に最近ではインターネットがとても便利になっていますので、各社公式ホームページを見れば同じ会社でも様々なニーズに答えた契約方法が用意されています。

 

郵便物を全くなしで契約したい場合には、WEB完結といった契約方法を利用する事ができるでしょう。この方法だと、申し込み入力や本人確認書類や収入証明書類の提出、契約内容の確認なども全てインターネットで行う事ができなければなりません。

 

パソコン、スマートフォン、携帯電話のいずれでもインターネット利用が可能であれば簡単に申し込む事ができます。そうすれば、後日契約関係の書類が郵送されてくる事もありませんし、その後のキャッシング利用もインターネットで簡単に行う事もできます。

 

利用明細書もインターネットで確認するようにしておけば、郵送する必要もありませんので安心です。申し込みの際に、利用明細書の扱いについての希望も明確にしておかないと、後で郵送物が届いてから気がつく事になってしまうので注意したい点です。

 

通帳の管理に気を付ける

キャッシングの利用者の多くは振り込みを利用しますが、通帳が家庭でどのように管理されているのかによってはキャッシングの事実が通帳に記録されてしまう事になりますので、もし家族に知られないように利用したいのであれば、新たな口座を作って自分で通帳を管理したり、インタネットバンクの口座を開設してそちらを利用するようにすれば、完全に自分でコントロールする事ができるでしょう。

 

 

専業主婦のキャッシング利用

消費者金融や信販会社のキャッシングの場合には専業主婦の利用が不可能です。なぜなら、これらの貸金業者の場合には総量規制という貸金業法のきまりで、収入のない人にはお金を貸す事ができなくなっているからです。ですが、銀行のキャッシングだと総量規制とは無関係なので、専業主婦でも配偶者の収入があれば融資を受けられます。

 

仕事を持たない専業主婦の場合には、自分で返済をする能力はありませんが、配偶者の収入から返済する事ができるのです。という事は、返済を担うべき配偶者の許可が当然必要かと思われがちですが、専業主婦の方自身についての必要事項の確認さえ取れていれば、配偶者には一切知らせすに銀行からお金を借りる事ができてしまいます。

 

その場合には利用限度額は最低限に近いぐらいの額にはなりますが、配偶者の方に知らせずに済むような配慮も十分行われつつ、安心してキャッシングを利用できます。このように、専業主婦のカードローンを積極的に宣伝している銀行は多く、大手メガバンクや地方銀行、インターネット銀行など、様々な選択肢が用意されているので、仕事していないからとあきらめずに相談してみる事をおすすめします。

 

滞納を続けてしまうなどの大きな問題が起こらない限りは、配偶者に知られずにお金を借りる方法はいろいろとあります。でも悪質な滞納を繰り返してしまうならば、配偶者に知られてしまう事は避けられませんし、その後の返済についても配偶者に迷惑をかけてしまう事になります。

 

ですから、もしもそこまでして隠す必要がなくキャッシングの事を話せるのであれば夫婦間で相談をして利用した方が何かと安心かもしれません。

最新カードローンスペック一覧表

実質年率 融資限度額 審査目安
プロミス


4.5%〜17.8% 1〜500万円 最短即日
アコム


3.0%〜18.0% 800万円 最短即日
アイフル


4.5%〜18.0% 500万円 最短即日
モビット


3.0%〜18.0% 800万円 最短即日
楽天銀行カードローン


4.9%〜14.5% 500万円 最短即日