会社のいろんな比較方法

知らないと損をする、キャッシング会社の比較検討の方法についてご紹介します!見た目は同じように見えてもじっくり調べていくことで、様々な違いが見えてきます。

 

キャッシングは基本的には会社からお金を借りることですから、会社がどのような運営によって成り立っているかは別に関係がありません。しかしながら、サービスの内容や借りられるお金の額で少し違いがありますから、そこはしっかりと押さえておいた方が良いでしょう。

 

銀行系

最近CMなどで見かけることが多くなった銀行系のキャッシング。これは各銀行の特色が如実に出てくるため、選ぶときは詳細に情報を調べておいた方が良いでしょう。

 

消費者金融系

これは昔からなじみのあるキャッシングの形態です。いわゆるアイフル・アコムといった、老舗の貸金業の会社は消費者金融系と考えて良いでしょう。

 

信販系

一般的な方が利用するというよりは大口融資を希望する方が利用するのが信販系です。ですので主婦の方や若い方の場合には上記2つの方を選ぶことが多くなります。

 

このように大きく分けると、3つに会社が分類されます。それでは今から比較のポイントを解説していきます。

 

会社を分けるポイントは総量規制

貸金業法は定期的に改正が行われている法律ですが、業界的に大きな変革が起こったのがグレーゾーン金利の廃止と、総量規制のスタートです。総量規制というのは、無制限にお金を借りるということを止めるために設けられたルールです。

 

収入の額と連動していて、一定の金額を超えるとキャッシング会社からの融資が受けられなくなります。しかし、この総量規制は銀行系のキャッシングの場合には除外されるため、もし収入額の1/3を超える金額の融資を希望する場合には、利用しているキャッシング会社がどの系列のものなのかをしっかり把握する必要があります。

 

ただ、お金を借りる際にはなるべくストレスを感じずに利用したいのも事実ですから、大金を借りる場合には銀行系のキャッシングを利用するというような自分なりのルールを決めておくと良いでしょう。そして、銀行系のキャッシングではATMの手数料にも特色があります。

 

いわゆる金利に関して言うと各社が横並びになっていることが多いですから、差別化のポイントが出にくいのですが、ATM手数料に関しては銀行のネットワークを利用することで手数料が無料になるという場合があります。これは会社によってかなり変わりますので事前に調べておくと良いでしょう。手数料は大したことがないと軽視されがちですが、年利と比べるとATM手数料はかなり高額なので、お得に利用したい場合には重要な比較ポイントです。

 

ポイントとしては、下記のことが言えます。

  • 総量規制は大金の融資の時に気にするだけで良い
  • 金利よりもATM手数料を重視した方が良い
  • 一般的な人が利用するなら、銀行系か消費者金融系

 

最後に

金利だけではなく、利用するサービスの中身を比較しながら、自分にあったキャッシングを見つけることが大切です。

最新カードローンスペック一覧表

実質年率 融資限度額 審査目安
プロミス


4.5%〜17.8% 1〜500万円 最短即日
アコム


3.0%〜18.0% 800万円 最短即日
アイフル


4.5%〜18.0% 500万円 最短即日
モビット


3.0%〜18.0% 800万円 最短即日
楽天銀行カードローン


4.9%〜14.5% 500万円 最短即日