悪徳業者に騙されないためには

キャッシングは便利なものです。専用カードをATMに入れさえすれば、必要な時にお金をいつでも引き出すことができます。しかしキャッシングは魔法ではありません。お金を引き出せばそれは借入となり返済義務が生じます。

 

また借入には限度額が設定されているため、無限に借りられるわけではありません。無計画に融資を受け、散財してしまうと返済が滞ります。そうなると他社から融資を受けて返済に当てるという自転車操業に陥り、やがて破綻を迎えてしまいます。

 

そうならないためには、キャッシングを利用する際には借入を必要とする金額に限定することが大切です。たくさん借りられるからといって多額の借入をしてしまっては、金利負担が大きくなって返済が困難になってしまいます。

 

借入をする前には、金利の計算をし、どれだけの金額を返済しなければならないのかを把握して、返済プランを立てることが大切です。返済が可能となるレベルを把握しておけば、返済に行き詰まるということもなくなるのです。

 

悪徳業者の問題点

キャッシングを利用する際には、利用する会社を見極める必要があります。キャッシングには悪徳業者が存在しています。それらの業者は街頭チラシやホームページで、簡単な手続きで融資可能なことを宣伝し、顧客を集めようとします。

 

悪徳業者に申し込むと、すぐに融資を実行してもらえる代わりに法外な金利が請求されてしまいます。金利については利息制限法に基づき年利20%を超える金利はどのような条件でも請求できないにも関わらず、悪徳業者は年利20%を超える利息を請求してくるのです。

 

さらにキャッシングは無担保で融資を受けられるものであるにもかかわらず、悪徳業者は不動産や自動車を担保にとり、返済が滞るとすぐに担保権を行使して資産を奪い取ろうとします。また取り立てに際しても、夜間の督促は禁じられているのに督促の電話をかけてきたり、暴力的な行為で無理に取り立てようとしたりします。

 

悪徳業者の見極め方

正規のキャッシング会社は財務局からの認可を受けています。ホームページなどには認可番号が掲示されており、金利についてもあらかじめ掲示されています。

 

悪徳業者は、正規のキャッシング会社のように厳格な審査は行なわないのも特徴です。個人情報を聞き出しただけで、簡単にお金を貸そうとします。キャッシングを利用する際には、利用する会社の名前と金利をきちんと確認し、信用できないところからは借りないようにすることが大切です。

 

ポイント
  • キャッシングは必要額だけ借りることが大切
  • 悪徳業者は法外な金利を請求してくる
  • キャッシングの金利をあらかじめ確認することが重要

 

まとめ

キャッシングは簡単にお金を借りられますが、返済の義務と金利負担が付きまといます。必要な額だけ借りるようにし、利用する前に金利を計算して返済額を把握することが大切です。

 

またキャッシングには悪徳業者が存在しています。悪徳業者は法外な金利を請求し、返済が滞ると不動産などを差し押さえてきます。悪徳業者に引っかからないように、キャッシングを利用する際には、相手の名前と金利についてあらかじめ調べておくことが大切です。

最新カードローンスペック一覧表

実質年率 融資限度額 審査目安
プロミス


4.5%〜17.8% 1〜500万円 最短即日
アコム


3.0%〜18.0% 800万円 最短即日
アイフル


4.5%〜18.0% 500万円 最短即日
モビット


3.0%〜18.0% 800万円 最短即日
楽天銀行カードローン


4.9%〜14.5% 500万円 最短即日