収入証明所の提出は条件による

申し込みも簡単で何かと便利なキャッシングですが、提出必須の本人確認書類他に、収入証明書のを提出しなければならないケースもあります。

 

一般的に一番安心なのは、前年1月1日から12月31日までの収入を証明できる源泉徴収票で、勤務先から発行されるものなので、信頼できる書類として有効ですが、その他にも収入証明書となるものはあります。

 

収入証明書として利用できるもの

 

源泉徴収票

会社員でもパート、アルバイト従業員でも勤務先から受け取るようになっている書類で、一年間の収入が記載されています。万が一紛失などで手元にないのであれば、勤務先にお願いすれば再発行が可能ですが、時間がかかる事がありますので、急いでキャッシングを申し込みたい場合にはその他の方法で収入を証明するようにしましょう。

 

確定申告書

個人事業主がキャッシングを利用したい場合には、確定申告書を必ず提出する必要があります。収入が不安定と判断されやすい個人事業主の方の場合には、もしあれば過去数年分の確定申告書の控えを用意しておくとさらに安心です。

 

税額証明書

課税、非課税証明書、納税証明書など、公的機関から発行される税額証明書は収入証明となります。入手には手数料がかかりますが、各自治体の役場にて即日発行する事ができます。

 

給与明細書

まだ勤務し始めてからそれほど時間が経っていない場合には、源泉徴収票、確定申告書、税額証明書のどれも入手ができないといった事もあります。その場合には、最低でも過去2カ月分の給与明細書があれば、それをもって収入を証明する事ができる事があります。

 

収入証明書が必要になる時

キャッシングの利用には、基本的には収入証明書がなくても審査できますし、限度額が低ければ特に必要なく借り入れまで行う事ができます。

 

収入証明書を提出しなければならないケースとしては、消費者金融で50万円以上の限度額を希望する場合、また、希望限度額と他社での借り入れの合計額が100万円を超える場合には、総量規制というルールがあるのでどの業者であっても提出は必須となっています。

 

銀行のカードローンだと、総量規制とは関係がないので、収入証明証の提出にかかわる明確な基準はありませんが、返済能力の状況に応じて提出が必要になります。

 

まとめ

本人確認書類は絶対に必須ですが、収入証明書はケースバイケースです。それでもあったに越した事はありませんので、キャッシングの利用前には一応用意しておくといいかもしれません。

最新カードローンスペック一覧表

実質年率 融資限度額 審査目安
プロミス


4.5%〜17.8% 1〜500万円 最短即日
アコム


3.0%〜18.0% 800万円 最短即日
アイフル


4.5%〜18.0% 500万円 最短即日
モビット


3.0%〜18.0% 800万円 最短即日
楽天銀行カードローン


4.9%〜14.5% 500万円 最短即日